身体異常からのシグナル
体を整える

***身体異常からのシグナル ***

過去多くの方々の施術をした中で、痛みや痺れなど身体の異常を感じる場所毎に自身の課題があるように感じています。
嫌な事、辛い事としっかり向き合うだけで、どんな人も成長できるものですが、怪我や病気も例外ではなく
そこから学ぼうとするだけで、自身は成長でき、その結果ありがたい出来事となります。

あくまでも私がそう感じているだけの事で、たまたまそんな人が多かっただけの事かもしれませんが
何かの参考になればと思いましたので記しておきます。

手の異常 身近な人への感謝の気持ちが必要な時
足の異常 前に進む事ばかり考えるのではなく、立ち止まって自分自身を見つめる時
頭痛・肩こり 怒り・憎しみ・否定批判の感情が多い時
腰の異常 物事の見方、視点を根本的に変える必要のある時
目の異常 目先の出来事に囚われずに、自身の心を見つめる時
耳の異常 他人の言葉よく聞いて、受け入れる努力が必要な時
鼻の異常 目前の現実が受け入れられない時、嫌だと感じる事が多い時
お腹の異常 自分を誤魔化したり、嘘偽りの多い時や悲しい、辛い、切ない思い


《リウマチ》
強い怒り・憎しみのエネルギーの塊が体内のエネルギー循環を壊している事が多い

《アトピー》
疾患者本人ではなく、両親もしくは祖父母など親族に現実を拒否・拒絶する思いが強い人がいる場合が多い

《メニエル氏病》
怒り・憎しみ・否定・批判のエネルギーが体内のエネルギー循環を壊している事が多い

《生理痛》
他人を理解しようとしないで、自分本位に過ごせば過ごすほど酷くなります。



人が放つエネルギーは、常に他人と同調しており自分が無意識に他人に与えている影響はとても大きいと思っています。
従って、病とは疾患者だけの問題ではなく、身近にいる人が与える影響も大きく、特に精神疾患者などは
家族や血族の心の改善で治ったりする事も多くありました。
自分の心の状態が身近な人を病気にする事もあり、逆に治す事もあるのです。

参考ページ