謙虚さが己の道を切り開く
心を整える

***謙虚さが己の道を切り開く ***


どんな人も、自分の気づかない所で、驕り、慢心しており、謙虚でいる事はなかなか難しいものです。

同じ出来事でも、傲慢さからは不平不満や否定批判の気持ちが生まれ、謙虚さからは感謝する思いが生まれ
謙虚でいる事ができれば、自らの未来は必ず輝かしいものになるものです。

また、誇りや自信が驕りや慢心に変わってしまうと、自らの人生は衰退への道を歩む事になります。
そして、必ず苦悩に直面するのが自然の仕組みです。
私たちは、出来事から学ぶという謙虚さから進化し発展できる世界で過ごしているのです。
驕りや慢心は、意識しない所で、真実に蓋をしてしまい、その事で物事が空回りし始めます。
私たちは、謙虚な心で出来事の真実を冷静に見極める力を育む事ができるのです。


正義や悪、良い事、悪い事、身分が高い、低い、事業に成功している、失敗している、知識がある、ない
上司や部下、先生と生徒、低級霊、高位霊、神や悪魔などこれらは全て自分たちにとっての都合で判断されています。
大自然の法則は、そんな事など無関係に私たちに働きかけているので
この判断を止める事で、私たちはこの世の中は平等だと言う事に気づけるでしょう。
そして、それが謙虚さを身につけるカギだとも思います。


謙虚な人とは、誰からも、何からも愛される人であり
謙虚である事が、自らの幸せをつかむ一番の近道なのかもしれません。