神の言葉など無視すればいい
心霊現象タイトル画像

***神の言葉など無視すればいい***

昔の私は霊障からどうしても逃れたくて、神棚や仏壇は私にとって助けを求める場所でした。
『神様どうか助けてください!』『ご先祖様どうか助けてください!』
自らを省みる事無く、ただひたすら祈願ばかりしていた事を記憶しています。

そして、こんな体質なので、キラキラと輝く光と共に『もうすぐ、お金が入りますよ』とか
『○○の方角に行きなさい。すれば良い事があります。』とか、度々そんな言霊が入るのですが
その通りににすれば、ちゃんと煩悩が満たされるわけです。

そんな出来事があれば、神の存在を信じて信仰に拍車がかかるのも無理は無いのですが
幸い性格の歪んだ私は、『こんな事があっていいのか?』と思うに至ったのです。

ただ、ひたすら祈願して手に入ったお金など、ラッキーなお金なわけで
努力して手に入れたお金とは、重みが全く違うわけです。
そして、よくよく振り返れば、ラッキーで手に入れたお金以上に、痛い出費が月日が経ってからある事にも気づきました。
今思えば、ラッキーで手に入れたお金を世の為、人の為に使えば良かったのでしょうが
愚かな私は、しっかりと自らの快楽の為に使っていたのです。

よくよく考えれば、ただひたすら祈願して、煩悩が満たされるのであれば
誰しも、そうするはずで、祈願していれば願が叶うのであれば、生きる意味など無くなってしまいます。

神道に『神人合一』という言葉がありますが、自分自身をしっかりと信じて
今ある現実をしっかりと生きて行く事が最も大切な事で
朝起きてから眠るまでの生活態度が自分の人生を創り上げてゆくのでしょう。

私は今まで生きてきた中、言霊に頼っている人で尊敬できる立派な人にお会いした事はありません。
尊敬できるような方々は、みなさん何事にも自然に感謝できる方々で
信仰も感謝の思いを捧げるためにしている人ばかりです。

やはり神を信じても自分の人生は自分で創り上げなければ、幸せを手にする事などできないのでしょう。