私たちは、まだ何も知らない


***私たちは、まだ何も知らない ***


私たち人類は、あたかもこの世を制したかのように振る舞い
何でも知っているのだと、そう思い込んで過ごしているように感じています。

命はどうやって創られるのか?
心臓が動く仕組みは?
水とは?火とは?音とは?光とは?月とは?太陽とは?
なぜ男と女がいるのか?
なぜ私たちは存在するのか?

よくよく周りを見渡せば、知らないことばかりなのですが
そんな事などいちいち考える必要もなく生活できる社会があります。
私たちは、自分が必要だと感じるものにだけ目を向けていれば生きて行けるからでしょう。

しかし、その限られた知識の上で物事を判断しながら日々を過ごしている事を
私たちは、知る必要があるような気がします。
自分が必要とする、限られたモノしか見ていない 限られたちっぽけな世界の中で生活している事を知るだけで
自身に可能性を生み出す事ができるからです。


私たちは、壮大な大自然の仕組みの、ほんの一部だけしか知らないのに
全てを理解しているように思い込んでしまえば、とても窮屈な生き方を強いられてしまう。
社会を批判し、この世を恨み、生きる意味さえ見失ってしまう事もあるでしょう。